2014年9月24日 日本再生可能エネルギー協会

シンポジウム:農山漁村地域が元気になる再生可能エネルギー発電事業のつくり方(福岡会場)

農山漁村には多くの資源が存在しており、これらの資源を最大限活用して再生可能エネルギーの導入を図ることにより、地域の農林漁業の発展や活性化につなげていくことができます。

本シンポジウムでは、農林漁業者(団体)が主導して行う再生可能エネルギー発電事業 について、地域へのメリットや取組のポイント等を有識者からご講演いただくとともに、 各地の事例紹介やパネルディスカッションをとおして、農山漁村で再生可能エネルギー事 業を推進していく方策を考えます。多くの方々の参加をお待ちしております。

※ 本イベントは終了しました。

福岡会場 開催概要

日時:2014 年 9 月 24 日(水) 13:00~17:00(開場 12:30〜)

場所:アクロス福岡 7F 大会議室

プログラム:
1. 基調講演

武本俊彦氏(食と農のアナリスト/農林水産省政策研究所 元所長)

2. 講演

古屋将太氏(環境エネルギー政策研究所 研究員)

3. 事例紹介

大津愛梨氏(九州バイオマスフォーラム 副理事長)
緒方克治氏(熊本県商工観光労働部新産業振興局 審議員)

4. パネル討論

農山漁村活性化につながる再生可能エネルギー発電事業を推進するには

icon-car.pngKML-LogoFullscreen-LogoGeoJSON-LogoGeoRSS-Logo
会場アクセス

マップを読込み中 - しばらくお待ち下さい...

会場アクセス 33.591471, 130.402349